アクアウッドとは

アクアウッドは、異素材を特殊な接着技術により密着連結させた
本物志向の華麗な装飾材

アクアウッドという名前は、アクリルとウッドの造語です。
アクリル特性の水のような透明性を表現しています。

このアクアウッドを水の上に浮かべた時に、アクリル部分が透けてパネル状になっていないと勘違いしてしまう事から、「水に調和する透き通るウッドパネル」という意味で名づけました。

アクアウッドは天然木無垢材とアクリル樹脂をスリット状に並べ、高性能樹脂接着剤で連結させた集成材で、朝日木材加工株式会社はその特殊な接着技術を開発。強靭な接着力で、フィルム貼り、印刷などとはひと味異なる表現を可能にする素材感あふれる「新たな集成材」を開発する事に成功しました。

日本製ならではの均一で、高品位なパネルは、衝撃に強くさまざまなデザインを生み出し、アイデアで無限の創造性を広げます。仕様用途は多岐に渡り、パーテーション・建具・キャビネット・カウンター・テーブル・サイン・ディスプレイ棚・階段等、様々なシーンに使用可能です。



AQUA WOOD は天然木無垢材とアクリルカラーからなる豊富なバリエーションにより、多種多様なニーズに対応致します。

アクリル樹脂の長所に加え、澄んだ透明感/衝撃への強さ/熱伝導率の低さと天然木無垢材の豊な木肌感が特徴で、加工はアクリルと同じ方法で切断・穴あけが容易です。仮にキズがついても再研磨で元の表情を取り戻す非常に意匠性に富んだ創造性の広がるマテリアルです。

アクアウッドの特徴

AQUA WOOD 開発ストーリー 朝日木材加工ではこれまでテレビ台・AVラック・ソファー・ダイニングテーブルとあらゆる商品をつくり、
OEM供給として又自社ブランドとして様々なチャンネルに対して供給を行い、素材の提案はAQUA WOOD が初めての試みとなります。

商品供給から素材供給へ

コモディティーな現代様々な商品作りにおいて 弊社の得意とする素材(木材・硝子・アクリル)を使い、様々に加工 融合させることで デザイン性 意匠性の差別化を行なって参りました。

この様な素材開発はあくまでも自社ブランド商品及びOEM供給商品のみの意匠性という、小さな枠組みとして使用するのみで、当初は、アクアウッドも例外なく、自社ブランド商品の意匠性として、使われる運命でした。


しかし、当素材を利用した商品を販売する中で弊社に寄せられた ご意見 ご要望を通して、その意匠性・汎用性の広さを実感し、更にその品質を高め、2010年9月AQUAWOOD(アクアウッド)を新素材として市場へ供給する事になりました。お客様のクリエイティブワークにAQUAWOODが「創造素材」としてお役に立てることを心より願っております。


アクリルと木材の組合せは性格の異なる素材で非常に困難でした。●アクリル素材は埃を吸着させる静電体質の為、接着させる際の管理が必要でした。●膨張収縮に関してアクリルと木材では方向が異なり、接着に影響を与える為温度、
湿度の管理が必要でした。
●アクリルは溶剤に対して非常に弱く微量でもクラックが発生してしまうことにより接着剤の
選定開発が困難でした。

高い品質性を証明するため 屋内素材では異例で、非常に過酷な屋内曝露試験を半年以上と設定し、信頼性、汎用性、意匠性、安全性の様々な要求をクリアした、JIS規格以上の過酷な試験に耐える恒久的な意匠素材の開発に成功致しました。



このページのトップへ

アクアウッド | アクリル樹脂と天然木を並べた内装素材

ホーム | アクアウッドとは | 製品情報 | フォトギャラリー | よくある質問 | 各種ダウンロード | 代理店紹介・リンク集 | お問い合わせ